お葬式の費用で遺族に負担をかけないようにするには

お葬式は費用が高額になることが多いので遺族にとっては負担が大きな負担になります。


遺族は役所や金融機関への手続き・相続の準備などで忙しくなるので、せめて高い費用が後々の負担にならないようにしたいものです。

近年家族葬など少人数制のお葬式をするケースが増えていますが、呼ぶ人が少なければ必ず安くなるとは限りません。

リクナビNEXT JOURNALの情報はこちらです。

僧侶へのお布施などが別料金になるほか忌中払いなどの食事代や生花代など追加費用がかかり、葬儀会社のセット料金より高くなることが多いです。

また、訃報を聞きつけた故人の知り合いなどが後日自宅に来てしまうこともあります。


その際に訃報を知らせてくれなかったことに文句を言われたりして、遺族の心身に負担になることが多いそうです。

遺族の負担を減らすには、元気なうちに準備をしておくと良いでしょう。

事前に葬儀会社を比較して金額を調べておくと、無理のない予算でお葬式のプランを立てられます。
その際、葬儀専門の情報サイトや葬儀会社のキャンペーンを利用すると便利です。

葬儀会社によっては会員登録や予約をしておくと割引を受けられるケースもあるので、気に入ったところがあれば登録するとよりお得になります。



自分のお葬式のプランができたらエンディングノートなどに書いて皆がわかるようにしておくと、いざという時にそれを読んで手続きができるので残された人の負担を減らせます。

葬式の費用に興味をお持ちの方にお勧めの情報サイトです。

金額もあらかじめわかるほか、手続き方法もわかりやすくなるので大変便利です。