法律を相談するために知っておきたいこと

  • 過払い金返還について注意したい「ゼロゼロ和解」

    • 過払い金の返還で貸金業者が和解案を提示することは決して珍しくありません。

      和解に応じるかどうかということは総合的な判断が必要なため「和解には応じるべきではない」などのように断定をすることはできませんが、しかし少々注意したい存在となるのが「ゼロゼロ和解」という方法です。

      一つ上の大阪の遺言の情報を公開しています。

      この和解案は二つの額をゼロにすること、つまり債務者が現在貸金業者から借りているお金の額をゼロにする代わりに、返還する過払い金もゼロにしましょうという内容です。

      京都の交通事故に関する予備知識の情報が満載です。

      一見すると自分の債務がゼロになるのですからとてもお得な提案のように見えるのですが、この提案はすぐに応じるのではなく、自分がもらえる過払い金と残債の額を比較して考えなくてはなりません。

      あなたのご要望に応じた千葉県の弁護士に関する情報をすばやく探せます。

      仮に残債が50万円あって、返してもらえるお金も50万円だったというのであれば、それは和解を受け入れても良いでしょう。



      この場合は50万円を返してもらえばそれを返済に充てることで結局同じことになるからです。

      また返してもらえる額が残債よりも少ないというのであれば、それは応じるべき提案だといます。


      ですが多くのケースにおいて、このゼロゼロ和解は残債の方が過払い金の額よりも少ないことになります。

      納得の新宿の不動産の相続を成功させたい人に必見の良い情報をご紹介します。

      50万円の残債があるが100万円返してもらえるはずだったという場合、ゼロゼロ和解に応じると返ってくる額-残債で50万円の損を出してしまいます。

      https://news.goo.ne.jp/article/mainichi_region/region/mainichi_region-20170403ddlk37040350000c.html

      貸金業者が和解案を出すのは会社の損失を減らしたいからという理由があってのことですし、会社の損失が小さくなるということは債務者の利益が減るということです。

      https://matome.naver.jp/odai/2147473033185182401

      ゼロゼロ和解に応じて書類にサインしてしまうと過払い金を返してもらう権利を失うことになりますから、和解案はくれぐれも慎重にチェックして自分の利益がどれくらい変わるかを考えるようにしましょう。

      https://news.yahoo.co.jp/search/?p=%E7%9B%B8%E7%B6%9A%E4%BA%BA+%E7%9B%B8%E7%B6%9A%E7%A8%8E&ei=UTF-8

  • 関連リンク

    • 返済の際に支払いすぎてしまったことで生じる過払い金は、適切な請求さえすれば返してもらえるお金になります。ですがいつまでも返してもらえるというものではないということも考えておかなくてはならず、例えば債権としての時効が成立してしまえばもう返してもらえることはできません。...

    • 過払い金の返還の際に少々話が難しくなるケースとしてあるのが「延滞金が発生していた」というケースです。どうしてこれだと返還を受けることが難しくなるのかというと、理由としては現在の法律において延滞金、つまり遅延損害金の請求がかなり高額まで認められているということが挙げられます。...