法律を相談するために知っておきたいこと

  • 過払い金のカラクリは2つの法律

    • 最近、CMなどで「過払い金」という単語をよく聞くようになりました。

      神戸の相続サービスの評価に関する耳より情報を公開しています。

      過払いとは借金に限らず、給与や返済額などを払いすぎたことを言います。

      最先端の相続放棄のための相談の専門技術を身につけましょう。

      しかし、CMで聞く「過払い金」はやはり借金についての過剰に返済したお金のことを言います。なぜこのような過払い金が発生するのかというと法律の穴にあります。
      お金の貸し借りに関する法律は2つあります。

      1つは「利息制限法」、もう1つは「出資法」です。

      相続放棄について知りたいならこちらです。

      ここで示される利息の制限に差があるのです。

      利息制限法に基づけば年15%から20%だと定められています。

      安心をコンセプトにした大阪の相続放棄の情報はココで集まります。

      利息に差があるのは貸した金額によって利息が異なるからで、10万円未満の貸出のときの利息は年20%、100万円以上だと年15%といった風に定められています。

      この利息制限法を超える利息については無効になります。

      横浜の弁護士が有名になってきました。

      本来はお金を貸す会社はこれ以上の利息を受け取ることができません。

      http://www.excite.co.jp/News/economy_g/20170223/zuuonline_138699.html

      しかし、多くの会社が利息制限法以上の利息でお金を貸出しています。
      それは利息制限法には罰則がないからです。

      罰則があるのは出資法を違反したときです。

      http://talk.m3q.jp/?comment_id=97&page=739

      出資法によると年29.2%を超える利息でお金を貸す契約をしたときに刑事として処罰されると定められています。

      https://allabout.co.jp/gm/gc/373816/

      つまり、利息制限法と出資法では最大年14.2%の差があります。
      例えば100万円を借りたとき本来なら年15万の利息ですが、年29.2万未満の利息なら罰せられないのです。この差額が過払い金のカラクリであり、請求すると返ってくるのです。

  • 関連リンク

    • 過払い金の返還で貸金業者が和解案を提示することは決して珍しくありません。和解に応じるかどうかということは総合的な判断が必要なため「和解には応じるべきではない」などのように断定をすることはできませんが、しかし少々注意したい存在となるのが「ゼロゼロ和解」という方法です。...

    • 最近、テレビのシーエムや雑誌の広告等で、過払い金の返還という言葉を目にし、耳にする事が少なくありません。そもそも過払い金とは、貸金業者からお金を借りて返済した際に、法律上の限度額を超えて支払ってしまった利息の事です。...