法律を相談するために知っておきたいこと

  • 完済後と返済途中では過払い請求後の影響が異なります

    • 返済の途中であっても過払い金の返還は請求可能です。
      その際に注意したいのが任意整理と同じ手法になるため、信用情報情報機関に債務整理の情報が登録され、おおよそ5年の新たな借入やローンを組むことができなくなります。
      過払いは本来、払わなくて良い利息分の返還になるため、信用情報機関には登録されません。

      金融庁の通達もあり、載らないのが通常で、債務整理とは異なります。
      しかし、これは完済した後に請求を行った場合です。


      完済後も、返済途中も、利息制限法の法定金利で引き直す点は同じです。ただし、決定的に違うのは返済途中は貸付残高が残っており、これに過払い部分を充当することになります。
      ゆえに、返済途中で取引が継続している場合は債務を減額したと同じことになるのです。


      金利の引き直しによって元金を超えた金額は交渉によって返還を求めることになりますが、金額の有無・多少に限らず、債務の圧縮になるので、信用情報機関に情報が登録されることになります。


      また、過払い金の時効は完済から10年以内ですが、返済途中では契約時の最初の取引から計算して10年以上の部分についても求めることが可能です。

      返還請求については厳密な計算が必要です。


      開示請求で取引履歴を丹念に調べる必要があり、金融会社によっては時間が掛かります。


      5年以上の取引があれば発生している可能性も高いのですが、返済途中は同じ返還請求でも任意整理扱いになるため、違いを知ることが重要です。

      京都の相続情報はこちらです。

      話題の京都の離婚に対して関心度が高まっています。







      https://matome.naver.jp/odai/2141143777149514201

      https://matome.naver.jp/odai/2142684979008374201

      http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/nayaminokobeya/CK2017012802000181.html

  • 関連リンク

    • 最近、テレビのシーエムや雑誌の広告等で、過払い金の返還という言葉を目にし、耳にする事が少なくありません。そもそも過払い金とは、貸金業者からお金を借りて返済した際に、法律上の限度額を超えて支払ってしまった利息の事です。...

    • 過払い金の返還で貸金業者が和解案を提示することは決して珍しくありません。和解に応じるかどうかということは総合的な判断が必要なため「和解には応じるべきではない」などのように断定をすることはできませんが、しかし少々注意したい存在となるのが「ゼロゼロ和解」という方法です。...